メインストーリー:デルぺ騎士団前線基地:カランダ尾根から副団長の元へ

せっかく来たのでカランダ尾根を散策しましょう。

ウォーリアが探索したので目印が出来ました。

でも相変わらずマップは霧がかってます。

やっぱりストーリーすっ飛ばしちゃたんだなぁw

およ?何やら近代的なものが、

所詮は鳥ってことかw

鳥って巣作りのために拾いまくるかんね。

ウチも昔インコおりましたよ。

数ヶ月で飛んで逃げましたが・・・(;´∀`)

あいやー・・・兵士の亡骸もあるね。

探索しているとハーピーは積極的に襲ってくるので、

倒しながら続けましょう。

お!なんかあるぅ~。

ハイ、当然ながらゴミのような品ですw

お!拠点管理人を発見!って、

なんてところにおるんやw

しかも厄介なことに一々襲われるから話が出来ない。

よし、一掃した。

え?私は見覚えが無いのですが・・・

ん~どうしよう~繋ごうかなぁ。

でもつなぐメリットないよなぁ。

うん、止めたw

よし!メインストーリーに戻ろう。

そう言えば量産型イケメンが言ってたね。

(;´∀`)副団長に案内してもらえって。

あー怖い怖い怖い!

滑り落ちることあるからね、このゲーム。

落下死するから。

遥々戻ってきたよ~!!

って、デルペ騎士団城も大概だったけど・・・

なんじゃこれは・・・・この野戦感満々の基地。

基地というか・・・

こっちの方がヤバイんじゃないか?

聞き込みをしよう。

どうしました?

鎧にオッパイがあるので女性と分かる貴方。

貴方は?・・・ふーん、

気が短そうな副団長だね。

あ~!ここでやっぱりクルトがいる。

だからかw もう既に対戦済みというね。

にしても・・・こういう光景は痛ましいな。

うーん・・・

それにしても格好いいお面ですね。

どうやってかぶるのが凄い気になるけど。

剣道の経験が多少なりともある私としては

絶対に被りたくないな。(;´∀`)

レーシングヘルメットをかぶった時も思ったのですが、

「あ、俺無理だ」って思いましたね。

では、副団長に話を聞きましょう。

なんか美しいお方ですね。

なんかあーた大変な基地だね。

なるほどね~・・・対比的だ。

理想論を述べるマーガレット、

現場で地獄を見るエルグリフィン。

ただ・・・どうなんだろ。

どっちも極端だな。

あの量産型イケメンか・・・

なんか、アンタはアンタで踊らされてないかね?

ふっふっふ、その辺はおまかせあれ。

アンたことそ威勢だけはいいけどね・・・

大体がこういうのは口だけ。

いやいや、量産型イケメンが言うたんやで~

馬鹿か・・・

果たしてどうなのかね?

貴方はそれほど聡明には見えないけど。

あれ、軍長はブレゴさんじゃなかった?

肉が揺れているw

ちょっと!wその言い方。

いや、最近は私も肉が揺れているが・・・

なんだかなーこの姫さんは。

なんだかどっちもどっちだね。

こりゃ酷いわ・・・

右を見ても左を見てもしょうもないのばかりで、

まるで今の・・・

いや、止めよう。

人の振り見て我が振り直せだ。

ま~強がりは言わないの。

兵士は疲弊しているでしょ。

こういうの居るよな~

現状を顧みないで自分はロクに何もしないで、

他人を消費させるだけで文句ばかり。

ジャレットの方がまだ可愛げがある。

それほどでも・・・エッヘンって

おーい!w

見る目が低いのはお前じゃー

ふっ、口だけ番長め。

女ジャイアンめ。

でも、ジャイアンは力があるからね。

アンタはどうだ?

あー・・・こういう現場は地獄だなぁ。

理想論ばかりを下々に押し付けて、

あんたは怒鳴るだけなんだろ?

ほんと楽だよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA