メインストーリー:デルペ騎士団城:旅立ちの時

大の男が何を!w

いやなに、私もそうだけどw

でもさーデビルマンで見た彼女、

あれならいけるクチでしょ?w

何を言っているんだ。

さて、班長に嘘の報告を。

人間ってさ、

筋が通っているかどうか、

真実か、嘘かより、

動機が大事ね。

誰かを思って、

その人がよくなるのなと嘘をつくのなら、

捻じ曲げるのなら、あり!!

動機が悪いなら無し。

嘘か事実かより動機ですよ。

班長もいい人じゃないか~も~。

ところで、

橋の向こうは何があるのかな?

(何もなかった)

あんたのその装備で言われたら怖いわw

さてとハーピー狩りの開始だ。

狩れるハーピーはパット見でわかる。

下まで降りたんだけど、

そう言えばレヤスの本が見当たらなかった。

なんてこたーないw

目と鼻の先じゃないか。

レヤス信仰心は本当に湯葉並に薄いなw

あ~この差し込む夕陽がなんとも郷愁感を誘う。

石畳に石の城、舞い上る埃、そして喧騒。

爆破していい?!( ゚д゚ )迫真

コレな!( ゚д゚ )

このレヤスこそまさに悪。

弱気心を反省せずに自己保身しかない。

風向きが悪くなったら、

「私は騙されていたんです」っていう類ですよ。

ところで黒いハーピーはいずこ?と

探し回ってしまわった。

城の中を三周ぐらしたw

1匹しか湧かないのかな~。

ココでしか見当たらなかったけど。

おーし!いよいよ最後のお使い。

城の近くにある屯所で報告。

ほむほむ。

カルフェオンの前に農場かな。

兵士くん、そこには倉庫あるよね?(;´∀`)

お邪魔しま~す!

うへぇ・・・

戦争って本当に羞悪さが際立つ。

病気の上に拉致か・・・

自分も震災か何かで孤立したら100%アウト。

3日洗わないだけで・・・

(ノ∀`;)アチャー・・もうやだ。

でも実際あることなんだよね~。

ガンオンですらしょっちゅうある。

声がやたら大きい人は愚策が多い。

んでもってまず反省しない。

だから繰り返す。

たまたま上手くいくと

「どうだ!!」って感じで、

失敗すると歩兵が無能とかいい出す。

マトモな上指揮官はそんなこと言わない。

社長や上司でもそう。

社員がとか、あんな国民がとか、言っちゃう人。

不適合者。才能は無い。

ゲームならまだしも、

戦争や社員になったら、終わった感が凄い。

でも、選んだのなら自分の責任でもある。

腹をくくって最善を尽くすしか無い。

でも、身体だけは大事にね。(´・ω・`)

グリフィス!?・・・グリフィンか。

ベルセルクは妖精が出てきてから読むのやめちゃったんだけど、

どうなったのかな?

あ、まだ連載続いているか。

でしょーね!!

あの軍長ってさ、

話した瞬間に「あ、この人は無能だ」って思ったもん。

あ~辛いね!!

こういう戦場はほんと辛いよ。

外の敵どうこうじゃなくて、

内側の敵とも言える連中がさ・・・。

冒険者で良かったよ!!

当時は桜並木が凄かった。

今年の春はさ、

桜一度も見れなかったから、

コレで補ったね。

んで、次の目的地が・・・

あれ?地図がないぞ。

未開の地だな。

挙句に遠いじゃないか。

これって・・・順番間違っているかな。

目的地から近いってことで、

当時あったイベントの任務地である「フローリン村」にも顔を出す。

ココいらはバッサリとカットします。(´∀`)

ウォーリアをすすめて流れが間違ってないか確認しよう。

*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA