メインストーリー:レッドオーク:オーク村、再び襲撃へ

どうやらブラッディ修道院の次がレッドオークということで、

ソーサレスは完全に順番がゴチャゴチャのよう。

まーせっかくなので再び踏襲していきますか。

まずはクエストのクモがり。

これはサックリと終わる。

案内に導かれるまま行くと、

何やらレッドオークの四馬鹿が楽しそうに。

私だ~入れてくれー!

レッドオーク「ひぎぃ!シューニャだ」

兵隊が倒れている。

どうした!?

あははw わからないでもないが。

そういう時って本当にそういう感覚になる。

過労がビークを越えると、現実かどうかわからなくなってくる。

・・・・(´・ω・`)わかるよ

鈍器とあのガタイだと恐ろしい破壊力だろうねぇ。

K1全盛期、ムサシが言っていた言葉で

「アーツのあんなトロイ蹴りぐらいでなんだよとか言うのいるけど、

ぶっちゃけコンクリートの丸太で殴られたぐらい凄いから!」

といった感じのコメントを思い出します。

アーツ好きなんだよね~。ピーター・アーツ。どうしてるだろ・・・

武器の研究と対策は確かに重要だろうね。

敵を知り己を知れば百戦危うからずは普遍ですよ。

情けないことを言うな!しっかりしろ

わかるわ~・・・本当に生きた心地しなかったろうね。

ちょwおまw

助けたのは私だから。エリアンじゃないからね。

さて、再びのオーク村へ。

こんなルートもあったんだなぁ。

最早、このレベルでは敵じゃない。

おっしゃー!まとこめてコイヤー。

オーク村での戦闘は必然的に

ネックレスやらストーンやら宝石やら、

大量に出る。

宝石なんて結構捨てる。

いちいち持って帰っていたら終わらないし。

終わったよ~。

次は~・・・オークハンター?

モンスターハンター的な?

ほほ~

オーク専門家、それがオークハンター?

ということは学者タイプかな。

了解しました!

ということで再び向かったのですが、

落ちた橋のところに何やらクエストが。

何しとるん君は?

何やら向かい合って連絡を取り合いたい雰囲気。

監視塔の正面の橋だ。

その裏がすぐオーク村。

その深部にオークハンターはいるよう。

まさかこの橋の上にいる人間が・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA