キャラメイク:格闘家:事前作成キャンペーン

2017/6/28に新しいクラスが追加されます。

格闘家 という超近接クラスなのですが、

全く作る気なかったのですが、

(⌒,_ゝ⌒)フーン、キャンペーンやってるんだ・・・

なんとなくメイクする気もなく見ていたら、

出来てしまいましたヽ(´エ`)ノ

6/28まで作ると何かとアイテムが貰えるようです。

使えるようになるのは6/28のメンテ開けから。

キャラ修正も出来ませんのでご注意あれ。

やっぱり男性キャラは即できるので気楽でいい。

ステータス見ると結構バランス型。

てっきり火力型かと思いましたが、火力は無いですね。

手数って感じかもしれません。

格闘家から来る印象としては全体技というイメージ無いのですが。

範囲攻撃ないと手数型はほんと無理。

なんかストファイあたりで見たような雰囲気。

なんだろうな~思い出せない。それにしても・・・

コンセプトが迷走している気が。

格闘家で西洋人顔ならマーシャルアーツ系でいいと思うのですが、

何故かこのクラス、中国拳法風使いなんよねw

しかも衣装が中途半端に中国って感じだし。どうもトータルコンセプトがぐらついている印象。

それもあって作る気ゼロだったのですが。

ま~ニンジャが完全に東アジア顔ですしね~・・・

だったなら尚更西洋格闘でいいような気が。

ジョルダインがベースなのかw

これ完全にハイデルの侍従長ジョルダイン。

ダークナイトの辺りから基本顔型や髪型増えて喜ばしい限り。

モヒカンキャラ一度作ってみたいと思いながら

作ったことない。

なんかね~・・・意欲ワカないなぁ。

あ、意外といい!

少林寺スタイル。

やっぱり坊主は欲しい。

あ!コレにしよ。

イケメンにしか許されない髪型。

コレ、完全に鉄拳の主人公ですよ。

現実では絶対に無理だから寧ろ使いたい。

今回は地味に体型コダワリました。

首の周りとか位置とかから弄る。

大概なら男性のメイクなんてザックリやって終わりなのですがw

既にウォーリアをメイクしているのでコンセプトが被らないように。

あっちは中年の反逆。トニー・スタークって感じで

男臭さムンムン、泥臭さムンムン、血なまぐさい感じ。

今回は逆向き。

若さ、イケメン、辛い修行、到達した境地!ムキムキに。

ふとマッチョは嫌いなので細マッチョ!鋼の身体!

私はどうやら髪型と顔型を最初に決め、

全体の方向性が自分の中で定まると髪を仕上げ、

そこから肉体の調整にいく感じのようです。

腕っぷしが太すぎるのは嫌いなので細くしつつ、

下半身を重めに太くなりすぎないように。

格闘家は格闘家でも、体術で戦う感じに。

やっばwこの横からの景色。

俺が女なら抱かれたいわ。

タトゥーは目立たない位置にいれつつ自己主張を。

肉体が概ね仕上がり、自分の中で乗ってきたので顔へ。

まずはタトゥーから。

ここで顔の全体の印象を決めていく。

タトゥーを入れない方が正直難しい。

入れ墨って目線を反らせることが出来るんだよね~。

入れ墨の印象が強いから。誤魔化しがきく。

今回はこの程度に。なので誤魔化しが効かない。

イケメン優男から顔から、

どれだけ境地を引き出すかが今回の課題。

辛い修行を耐えて耐えて耐えて、到達した彼なりの境地。

そんな感じにしたい。なので自ずと険しい顔に。

毎度悩むのが肌色。コレ!っていうのが無い。

まずわ遊んで見る。

あ~地味にこの肌色嫌いじゃない。

ちょっとファンタジー系で調整したい時に使いたい。

とはいえ、私は特殊系はプレイしてて途中から愛情が潰えるので

止めておく。

これかなぁ。

ちょっと、無難なところだけど。

細いけど白いのはね。

かと言ってマッチョカラーは嫌だし。

一見すると普通の感じは出していきたい。

脱いだら「なんじゃこりゃ!」みたいな。

ギャップ萌え、ギャップ好き。

小さいと思ったらデケーみたいな。

だから女子がやりがちな「デケー」と思わせといて「ちいせー」トラップの

男のガッカリ感、騙された感ときたらもうw

ま、自然界では当然なんだけどね。

ただ・・・長く付き合いたいなら止めた方がいい。

顔を弄りながら顔を仕上げていくことで

興味を持続させつつイメージを仕上げていく。

髭欲しかったけど、どうも・・・と思いながら身体をビルド。

よし、わかった!と方向性が固まる。

目の下の皺や隈で辛かった修行の名残と、

目線の険しさで通ってきた道の大変さを。

口を堅く閉じると強い意思が出るけど、

どうも逆にそれだと辛い感じが出すぎるかと思い、

口はリラックスへ。

よしよし!

顔の輪郭で体脂肪の少なさ、修行の過酷さを出したい。

髭がなんか、コンプレックスにしか感じないな。

可愛い系の男性って無精髭をはやしてワイルド感を出そうとするけど

逆効果なんだよね~。

あ~コンプレックスか~みたいなのアリアリで。

おデコが個人的には好きで、

馬鹿っぽいおデコと賢いおデコってあると思う。

賢いおデコにしたい。

思いっきり西洋顔なので鼻は西洋型にする。

輪郭を絞り過酷さが大分出てきかな?

目も険しい。

現地人のする戦闘装束やタトゥに憧れがあり、

目の周りとか入れるという感じに。

ちょっと絞り過ぎたかな?

過酷されに折れている感が出来てた。

眼力に余裕を持たせ、強がりじゃない強さを。

もう少し調整しよう。餓狼って言うのかな。

そんな感じにしたい。

髭を散々悩んだけど、ウルヴァリンの顔がヒントになった。

よっしゃ!これだよ。

これ!出来た。

ウルヴァリンの髭ってもう髭っていうか

タトゥーというか皮膚というか、

あれをヒントに痣っぽい髭にすることでワイルド感が。

顎を太くし少しズラす。

ただ、現実問題で考えると、

この顔だとパンチ食らったらアウトだろうね。(;´∀`)

後は目を調整したら完成だ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA